長財布に関する情報が満載!

長財布を活用する / ヘッダー

お金にとって居心地の良い財布の作り方

財布とはお金の家です。ただ出ていくだけではなく、入ってくる場所であることを肝に銘じておきましょう。お金にとって居心地の良い家作りをするコツを紹介します。まず財布の中にレシートや領収書などが溜まっているならば、すぐに取り出します。そのほかにも、使用しないポイントカードや割引券などが入っているならば、すぐに整理しましょう。不要なものを詰め込んでいるのは、いわばごみ屋敷と同じ。お金にとって良い家になるはずがありません。定期的に整理整頓することを心がけます。次にお金を、消費・投資・浪費の3項目に分類して考えるよう意識づけます。消費とは食費や衣服・光熱費など、生活に必要となるお金・投資とは自分の知識やスキルを磨くために使う成長のためのお金・浪費とはその場の勢いで使ってしまい後に何も残らないお金のことです。いかに浪費を減らすかがポイントになるわけですが、今自分が使っているお金はどの項目なのかをしっかり考えることでお金の使い道が明確になり、浪費を抑えることができます。つまり財布の中にお金が長くとどまることができるのです。整理整頓をしてお金と必要最低限のカード類のみを入れておくこと・お金の使い道を常に考えること。この2つを実行することが大切です。

財布の種類とそれぞれの目的

日常生活に欠かせないアイテムの一つとして挙げられる財布ですが、これには大まかに分けて二種類のものが存在します。一つは長方形のシルエットが特徴の長財布です。お札を折り畳まずに収納できるため、お金に折り目や癖をつけたくない方が好んで利用する傾向にあります。また、カードを収納できるポケットも多く、ポイントカードやクレジットカードを複数所有している方にもおすすめのアイテムです。ただし横幅があるため、ズボンのポケットに入れようとすると大きくはみ出してしまうというデメリットもあります。二つ目は財布を折り畳むことができる二つ折りタイプ。折り畳むことでコンパクトになり、ズボンのポケットなどの限られたスペースにも収納できることから、手荷物を増やしたくない方に人気があります。ただし、収納しているお札も一緒に折り畳まれてしまうこと、カード類の収納場所が少ないなどのデメリットがあるのも事実です。以上の二つ以外にも、お札やカード類だけを収納できる札入れと小銭だけを収納できる小銭入れ(コインケース)をそれぞれ持ち歩き、お札と小銭を別々に管理している方や、マネークリップと呼ばれるお札やカード類のみを挟むことができるクリップを使用し、極力お金を持ち歩かないことを心がける方もいます。

check

マイクロスコープを使った治療にも対応しております。

永福町 歯科

名古屋初の勉強カフェ。

名古屋の自習室

受験のプロが送る夏の講習!

株式会社さなる

2017/12/8 更新

トップへ